まつ毛1つで顏の印象が変わります。特に目元のメイクなどは女性らしさなどが分かります。まつ毛が少しでも長いと魅力的に感じることなど人によって様々です。まつ毛は髪の毛と一緒なので育毛剤を使うことで伸びたり太くなるのでやってみましょう。

女性はまつ毛で印象が変わる

まつ毛で印象が変わる女性

まつ毛はもともとは異物が目に入ったり流れてきたりするのを防ぐ機能的な役割があり、美容に対しての目的をこなす役割で生えているわけではありません。しかし薬局や雑貨店などまつ毛に関するグッズの売り場は必須で場所もかなりのスペースがとってあります。いつからこんなに世の女性はまつ毛の存在に執着するようになったのか、歴史の部分から調べてみました。日本では青銅器時代になると女性は化粧の一端でマスカラの一種を使っていたようです。目を強調する事は大昔でも「美」とされていたんですね。
20世紀になると「つけまつ毛」が出回り、それまでに「アイライナー」「アイシャドウ」「マスカラ」で行っていました「目元を強調させるおしゃれ方法」から大きく飛躍した「まつ毛文化」となっていきます。しかし、せっかく出回った「つけまつ毛」ですが当時の商品はまだ自然とは言いにくい品物が多く、瞼に付着させるグルーも持続性がなく人によってはアレルギーを起こして痒みや腫れを起こしてしまう事もあり、普段使いから少しずつ遠のいて行き始めます。やがて、結婚式や特別な機会の時のみ使用する女性が大半となり、出番が減り、1980年前後から日常アイテムから一度姿を消します。その間は、ボリュームをアップさせたり長く見せる繊維入りのマスカラが流行してコスメコーナーに多く並ぶようになりました。「エクステンション」が流行した事による影響で再び注目される事となった「つけまつ毛」。以前流行った時から20年以上の時を経て、普段使いとして流通した商品はかなりの種類豊富な品ぞろえとなりました。根元が濃くなったタイプ、毛が細くてたくさん付いているエクステンション風な物。付ける物によってガラリと大人っぽくなったかと思えばキュートな可愛い少女風になったりと異なる魅力的な印象をつくるので、まつ毛のおしゃれはまだまだ止まる衰えを知りません。

まつ毛育も髪の毛と一緒で毛周期がある

毛周期について考える女性

髪の毛をはじめ、体に生えている毛には毛周期があります。毛周期とは生え変わりのサイクルのことですが、一定の周期によって生えたり抜けたりを繰り返しています。まつ毛も例外ではなく毛周期が存在していますが、大体30日~100日間程度で周期を繰り返しています。なお、髪の毛の場合ですと毛周期は3年~5年程度となっていますので比較してみるとかなり周期に違いがあることが分かります。このように毛周期の長さに違いがあることによって毛の成長具合にも影響を与えますが、まつ毛は周期が短い為に長く育つことがありません。その為、短いまつ毛に悩まされたりすることがあると思われますが、しかしながら毛周期を延長することができればより長く成長させることもできるのです。そしてその為の方法としてはまつ毛用の育毛剤を使用するのが有効と言えます。まつ毛用の育毛剤には毛周期を延長させる働きがありますが、その作用によって本来は抜けてしまうタイミングでも抜けることなく成長させていくことが可能です。短いまつ毛も長く伸びるようになりますので、まつ毛に悩みを持っている時には専用の育毛剤を活用してみるのも良いと言えるでしょう。その他にも育毛の為の大事なポイントがありますが、まず乾燥させないことです。乾燥させてしまうと成長が滞るようになってしまいますので、乾燥対策を心掛けることが大切です。睡眠時間をしっかりと確保することも大事なことです。髪の毛同様に眠っている時に成長し易くなりますので、質の良い睡眠を取れるように心掛けた方が良いと言えます。工夫次第ではまつ毛を伸ばすこともできますので、短くて悩みに感じている場合は育毛に取り組んでみると良いでしょう。

まつ毛育毛剤の作用について

まつ毛育毛剤の画像

普段、みなさん使われている化粧品と同じように、まつ毛の育毛剤の作用は育毛剤の数と同じほどありさらに、個人差もありますので本当に多様です。また、せっかく伸びてきたのにまた短く戻っちゃったと思ってがっかりする方もいらっしゃるかもしれませんが、まつ毛も髪の毛と同じで抜け替わる周期があります。なので、がっかりしてやめてしまわずに根気よく続ければまた伸びてきますし生えてきますので、がんばって続けましょう。実際に劇的にまつ毛がのび、太くなり、抜けにくくなるのは実は緑内障の薬として売られている医療品だったりします。まつ毛が伸びる太くなる抜けにくくなるのは、緑内障の治療の副作用としてのことです。しかし、医療品だからこそ、まつ毛の育毛剤として使用したときには、個人差がありますが、他の副作用も普通に売られているまつげの育毛剤とはくらべものにならないほどあります。それが体に合っていれば太く長く育ち抜けにくくなるので使用される方もいらっしゃいます。副作用としては薬のついた場所の色素沈着、目にしみる、痒くなる、充血するなどがあります。使用を止めればそれらの症状はなくなりますが、まれに戻らないような重篤な副作用もありますので良く調べて個人の責任で使用するのがよいかと思います。それに比べてまつ毛の育毛剤と謳って発売されている商品は効き目は穏やかですが、副作用もほとんどなく、安心して使用できます。ですが、個人差により全く伸びないとか効き目がでない物もなくはないので、それほど高価なものではいのでいろいろためしてみて、ご自分に合ったものを見つけて朝晩地道に続けるのが一番のまつ毛育につながると思います。何種類か購入して組み合わせて使用するという手もありでしょう。

▼まつ毛を増やして目元の印象を良くしても目元にクマがあると台無しですよ!
目のクマ 治療
▼美しいまつ毛を手に入れるならばこのまつ毛育毛剤
ケアプロストで嬉しさ体感!まつ毛をボリュームアップ
▼短期間でまつ毛が伸びるルミガンを使用しましょう
ルミガン通販 | ルミガンを使いたいなら通販で